白バラ牛乳だより

HOME > 白バラ牛乳だより > おいしさ、新鮮さの理由 #05

おいしさ、新鮮さの理由 #05

2016年12月2日

大切に育てている乳牛のこと

大切な子牛を育てる“恵み”

日本で飼育されている乳牛は、ほとんどが白黒模様のホルスタイン種です。
乳量が多く寒さに強いのが特徴で、温和でやさしい性格の牛です。そもそも乳牛は人間と同じ哺乳動物の仲間で、子牛を産まなければ乳は出ません。
1リットルの乳を作るのに、400〜500リットルの血液が必要です。母牛は、毎日1万リットルもの血液を乳房に送り、20〜30リットルの乳を産み出しています。
大切な子牛を育てる“恵み”を私たちはいただいているのです。
(酪農指導部 造田)