HOME > 白バラ広場 > 教えてカウィー

白バラ広場

白バラ印

白バラ印

白バラの花言葉には、「正直、純粋、あなたにふさわしい」という意味があり、白バラ牛乳のブランドマークには「純粋で純良な牛乳の生産を原点に、皆さんの健全な暮らしづくりに貢献していく」といった想いが込められています。
このブランドマークの歴史は、大山乳業農協の前身、伯耆酪農農業協同組合の時代まで遡ります。昭和20年代中頃、組合では、牛乳や乳製品を販売していくための商標を考えていました。
検討する中で、当時から取引のあった大阪の矢頃商店*が保有していた『白バラ印』が、マ−ク・ネーミングともに「白い牛乳のイメージにぴったり!」ということから共同で使用することになりました。昭和52年には、大山乳業農協が、正式に商標を登録しています。
皆さんに愛され、牛乳をはじめ多くの白バラブランド商品が誕生しましたが、『白バラ印』に込めた想いはこれからも変わりません。

*現在の伯耆酪農商事株式会社。近畿圏での白バラ牛乳(宅配向け)の流通を担っています。


(も〜も〜タイムスvol.17より)