HOME > 白バラ広場 > とっとりとっておきばなし

白バラ広場

砂丘のラベンダー

砂丘のラベンダー

らっきょうの花は何色か、ご存知ですか?

らっきょうはネギと同じユリ科の植物で、おなじみの白い食用部は、地中の球根にあたります。その球根から地上に向けてネギと似た茎と葉が伸び、真中に伸びる1本の茎の先に、薄紫色の小さくてかわいい釣鐘状の花をつけます。ちょうどこれからの時期、10月下旬から11月上旬が見頃です。

この時期の鳥取砂丘周辺のらっきょう畑は、一面に薄紫のカーペットを敷き詰めたような美しさで、その風景は「砂丘のラベンダー」とも呼ばれ、鳥取県の秋の風物詩となっています。

(も〜も〜タイムスvol.28より)