HOME > 白バラ広場 > とっとりとっておきばなし

白バラ広場

恋のかなう駅

恋のかなう駅

一日の乗降人数は2〜3人。鳥取県智頭町の小さな駅「恋山形」が静かな話題となっています。

元々は「因幡山形」の予定でしたが、多くの人に利用してもらいたいという想いを込めて「来い」と「恋」を掛けて命名されました。2年前には「恋のかなう駅」として一新。ベンチや柱、ごみ箱もピンク、駅名標や乗り場案内表示はハートで型取るなど、駅全体が恋色に包まれています。ホームには、願いを書いた絵馬を掛けられるハートのモニュメントも設置されています。 鳥取へお越しの際は、恋愛成就?の途中下車はいかがでしょうか。

(も〜も〜タイムスvol.29より)