HOME > 白バラ広場 > とっとりとっておきばなし

白バラ広場

親がに

親がに

山陰の冬の味覚と言えば、松葉がに。
11月の解禁から鳥取沖はかに漁でにぎわっています。山陰地方では、成長した雄のずわいがにを「松葉がに」、雌を「親がに」と呼びます。この「親がに」を使った郷土料理が「かに汁」。
親がには、松葉がにより小ぶりですが、お腹の中に内子、外側に外子という卵を持つため、味噌汁に入れると松葉がにでは味わえない程濃厚な出汁が出ます。
元々「かに汁」は漁師料理が発祥とされていますが、今では冬の家庭料理として、また鳥取の自慢のご当地汁として親しまれています。

※写真は松葉がにです。

(も〜も〜タイムスvol.21より)